取引条件

プラットフォーム
cTrader
cTrader
EDGE
MT4
MT5
実施コマンド
市場コマンドマッチング
市場コマンドマッチング
cTrader変動スプレッド
最低: 21.80平均: 23.73
市場時間*営業中
市場時間*営業中
限定量とコマンドクローズ量0
1 tickの価値0.00001
最低契約のサイズ0.01 lot
1ロットのサイズ1 IOT
USDで1つのロットの1つのPIP値0.00001 USD
契約サイズの最低値上げステップ0.01 lot
クローズコマンドをオープンするための申請デポジット量0
実装モードMarket (irrelevant of platform or Account type)

*デポジットが> 100%の場合のみ

各プラットフォームに提供される平均スプレッドは、前日の平均を反映するように毎日更新されます。 FxProはすべての取引時間中に競争力のあるスプレッドを提供しようとしますが、クライアントはこれらが変動する可能性があり、基礎となる市況の影響を受けやすいことに注意する必要があります。 上記は、説明のみを目的として提供されています。 クライアントは、経済カレンダーで重要なニュースの発表を確認することをお勧めします。これにより、スプレッドが拡大する可能性があります。

上記のスプレッドは、通常の取引条件に適用されます。 FxProは、「取引条件」に従って、市場の状況に応じて上記のスプレッドを修正する権利を有します。

IOTA

In 2015, developers from the CIS region created a platform that could support the interconnections of "smart things," and then they came up with an internal currency, IOTA.

IOTA is not an ordinary cryptocurrency but an ecosystem that combines concepts such as IoT (Internet of Things) and a type of blockchain technology called Tangle. There are no traditional blocks and chains here, but there are distributed registries. In order to make a transaction with a cryptocurrency, the user needs to confirm two transactions created before.

Like most other altcoins, IOTA is trying to level out the shortcomings of Bitcoin and increase the speed of transactions on the network, ensure complete data security and eliminate fees. Of course, such factors attract more and more investors to this cryptocurrency. Immediately after the beta testing, they included Samsung, Microsoft, Volkswagen, and other brands that noticed the project in 2016 on one of the crowdfunding platforms.

After the transition of Tangle technology to settlements through the SatoshiPay payment system in 2017, other companies like Jaguar Land Rover invested in the project.

One of the distinguishing features of Iota is the lack of a mining process; instead, the creators constantly emit altcoins. For example, 2.8 billion altcoins were initially released to the market.