取引条件

プラットフォーム
cTrader
cTrader
EDGE
MT4
MT5
実施コマンド
市場コマンドマッチング
市場コマンドマッチング
cTrader変動スプレッド
最低: 53.90平均: 54.74
市場時間*営業中
市場時間*営業中
限定量とコマンドクローズ量0
1 tickの価値0.00001
最低契約のサイズ0.01 lot
1ロットのサイズ1 MATIC
USDで1つのロットの1つのPIP値0.00001 USD
契約サイズの最低値上げステップ0.01 lot
クローズコマンドをオープンするための申請デポジット量0
実装モードMarket (irrelevant of platform or Account type)

*デポジットが> 100%の場合のみ

各プラットフォームに提供される平均スプレッドは、前日の平均を反映するように毎日更新されます。 FxProはすべての取引時間中に競争力のあるスプレッドを提供しようとしますが、クライアントはこれらが変動する可能性があり、基礎となる市況の影響を受けやすいことに注意する必要があります。 上記は、説明のみを目的として提供されています。 クライアントは、経済カレンダーで重要なニュースの発表を確認することをお勧めします。これにより、スプレッドが拡大する可能性があります。

上記のスプレッドは、通常の取引条件に適用されます。 FxProは、「取引条件」に従って、市場の状況に応じて上記のスプレッドを修正する権利を有します。

Polygon

Polygon first entered the market in 2019, although the Indian developer itself began operating in 2017 under the name Matic Network.

The founders presented their cryptocurrency project on the Binance Launchpad platform, where their ICO raised $5 million. By the way, this is not Polygon's first investment: before that, creators were so inspired by the idea of the product that they spent more than $650,000 on development. That was enough to host 300 hackathon events across the country for two years and find the most local talented developers.

The original project was created as an Ethereum scaling tool. This stage allowed users to develop their own version of Proof-of-Stake blocks and create an additional unique blockchain - SideChain.

In early 2021, a rebranding took place, and the founders began to develop a strategy for moving to a global level. The change in name and expansion of the general direction of work have also increased the level of ambition. However, the Polygon network continues to operate based on Ethereum and distribute the Token related to it. With that in mind, the network calls itself the \"Internet of Ethereum Blockchains.\"

The altcoin of the system is traded on the world's crypto exchanges, retaining the former name of the company MATIC.