info
責任的に投資
FxProは、日本の金融庁の規制は受けておらず、許認可も取得していない為、金融商品・金融サービスへの勧誘と見なされる可能性がある行為に関わる事はございません。 尚、本サイトは日本居住者を対象としたものではございませんのでご了承下さい。FxPro is not regulated by the Brazilian Securities Commission and is not involved in any action that may be considered as solicitation of financial services; This translated page is not intended for Brazilian residents.責任的に投資責任的に投資責任ある取引:CFDは複雑な手段であり、レバレッジにより急速に資金を失うリスクが高くなります。 このプロバイダーとCFDを取引すると、個人投資家口座の70.25%がお金を失います。 CFDがどのように機能するかを理解しているかどうか、そしてお金を失うリスクを十分に負うことができるかどうかを考慮する必要があります。CFDとSpread Bettingは複雑な道具でレバレッジによりお金を早速に失ってしまう。 75.56% 小売投資者アカウントがCFD取引でお金を失った。またこの提供者とSpread Bettingした CFD とSpread Bettingの運用仕方が分かるか貴方がお金を失う可能性が高くても耐えられるか考慮するべき
FxProは、日本の金融庁の規制は受けておらず、許認可も取得していない為、金融商品・金融サービスへの勧誘と見なされる可能性がある行為に関わる事はございません。 尚、本サイトは日本居住者を対象としたものではございませんのでご了承下さい。FxPro is not regulated by the Brazilian Securities Commission and is not involved in any action that may be considered as solicitation of financial services; This translated page is not intended for Brazilian residents.責任投資: リスク関係CFD取引

FxProはブルームバーグTVと提携している

FXおよびCFDのグローバルリーテイルブローカーであるFxPro Financial Services Ltd(FxPro)は、ブルームバーグTVとの無料のグローバル教育マスタークラスシリーズを開始すると発表しました。

欧州、中東、アジア太平洋、中南米のブルームバーグテレビ局は、初めて外国為替マスタークラスシリーズを放送し、世界のFX投資家を教育する予定です。12ビデオシリーズは、個人投資家にブルームバーグが提供するアドバイス、独立した情報、トレーダーのポーフォリオから利益を得る為の投資戦略・データーを提供します。

テレビのFXマスタークラスシリーズ

1年に渡ってリスク選好、FXボラティリティ、取引の心理学、ストップロス等、さまざまなトピックで12回のビデオが毎日4回放送されます。視聴者は、ブルームバーグFXの専門家、記者、尊敬される金融機関の専門家から世界のマネーマーケットの最新動向とトレンド、プロフェッショナルFXトレーダーの考え方や運用方法を聞くことが出来ます 。

Panagiotis Xydas氏、FxProの最高経営責任者は次のようにコメントした:

「FxProは、顧客に提供されるサービスを常に経営の中心に置き、これらを強化する為に引き続き努力しています。 この最新マスタークラスシリーズは、ブルームバーグTVと共同して業界初のもので、トレーダが根拠のある決定を出せるように外国為替市場の動向と出来る限りのベスト情報を提供しています」
「FxProがブルームバーグTVの教育コンテンツをスポンサーにすることを誇りに思います。 EMEAの主要ビジネスチャネルとして、視聴者に信頼出来る情報と洞察力を提供することで高い評価を得ており、視聴者に詳細な教育コンテンツを提供することでこれを拡張出来ることを嬉しく思っています」とブルームバーグマルチメディアの広告販売責任者Trevor Fellows氏が話しました。

マスタークラスシリーズは、次のサイトでもご覧いただけます:
http://www.youtube.com/view_play_list?p=C22CB775881FB7B3

Speakers
Charalambos Psimolophitis
CEO、FxProグループ
Ilya Holeu
FxProグループ最高マーケティング責任者
プレスリリースのページに戻る