info
責任的に投資 FxProは、日本の金融庁の規制は受けておらず、許認可も取得していない為、金融商品・金融サービスへの勧誘と見なされる可能性がある行為に関わる事はございません。 尚、本サイトは日本居住者を対象としたものではございませんのでご了承下さい。FxPro is not regulated by the Brazilian Securities Commission and is not involved in any action that may be considered as solicitation of financial services; This translated page is not intended for Brazilian residents.責任的に投資責任的に投資責任ある取引:CFDは複雑な手段であり、レバレッジにより急速に資金を失うリスクが高くなります。 このプロバイダーとCFDを取引すると、個人投資家口座の75.54%がお金を失います。 CFDがどのように機能するかを理解しているかどうか、そしてお金を失うリスクを十分に負うことができるかどうかを考慮する必要があります。CFDとSpread Bettingは複雑な道具でレバレッジによりお金を早速に失ってしまう。 79.78% 小売投資者アカウントがCFD取引でお金を失った。またこの提供者とSpread Bettingした CFD とSpread Bettingの運用仕方が分かるか貴方がお金を失う可能性が高くても耐えられるか考慮するべき
FxProは、日本の金融庁の規制は受けておらず、許認可も取得していない為、金融商品・金融サービスへの勧誘と見なされる可能性がある行為に関わる事はございません。 尚、本サイトは日本居住者を対象としたものではございませんのでご了承下さい。FxPro is not regulated by the Brazilian Securities Commission and is not involved in any action that may be considered as solicitation of financial services; This translated page is not intended for Brazilian residents.責任投資: リスク関係CFD取引

FxPro、キプロス輸出賞でグローバル展開をキプロス政府に認められた

FXおよびCFDのグローバル有力なリーテイルブローカーであるFxPro Financial Services Ltd(FxPro)は、キプロス共和国大統領のDemetris Christofias氏とキプロス政府の全ての部門の代表者と島の主要な国際企業が出席した式典という有名なキプロス輸出賞2009で、「サービスのの特別輸出賞」を受賞しました。

この賞は商工業部長官のAntonis Paschalides氏によってヒルトンパークホテルでFxProの取締役兼ファイナンスディレクタのCharalambos Psimolophitis氏に与えました。Charalambos Psimolophitis氏に授与されました。 同島の最も重要なビジネス賞には、商工会議所の会長のManthos Mavrommatis氏、キプロス輸出賞選考委員会委員長もPanayiotis Loizides氏も出席しました。

 同賞は、FxProがプロフェッショナル卓越性に基づいて世界に成長し、国際的なトップ企業の本拠地であるキプロスも認められています。 FxProは、また最近影響力のあるFT投資家クロニクルアワード2010で「今年の外国為替プロバイダー」を授与しました。

FxProは、最近、サービスポートフォリオとその地理的フットプリントの両方の大幅な成長を見せており、今日では140カ国以上の多種多様な顧客から構成されています。 アストン・ヴィラFC、フルハムFC、世界ラリー選手権(WRC)等の主なスポーツスポンサーシップを活用することで、世界規模のプロファイル構築に大きな革新をもたらしました。

  Charalambos Psimolophitis氏は次のようにコメントした:

「FxProは、キプロスの大統領、商工会議所に認められたことを誇りに思います。 この賞は、2009年の4400億ドルから2010年には5300億ドルまでの取引量が20%以上増加した、2009年には50%以上の純利益成長を実現しましたこと等2010年の期間を完全に支えています。

FxProのウェッブサイトは次です:www.fxpro.com.

Speakers
Charalambos Psimolophitis
CEO、FxProグループ
Ilya Holeu
FxProグループ最高マーケティング責任者
プレスリリースのページに戻る